カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ニッポン、チャチャチャ

 携帯電話(ipod等も含む)をいじりながら歩いている輩のなんと多いことか。

 立ち止まっているときに、辺りを見回してみよう。
そこかしこで、歩きながら携帯の奴が、ちんたらちんたら蠢いている。異様すぎる光景だ。

 何より、邪魔でしょうがない。

 特に急いでるわけじゃないが、混んでいるのにチンタラチンタラ歩きながら、
平然としている姿が許せん。後ろを歩いているときは、何を見てるのか覗き込んでやることにした。

 向かってくる奴には、わざとぶつかりそうに歩いてやる。
こっちがよけてやる筋合いなんてまるでないし。
 危機意識を植えつけてやるという意味でも、“人助け”のつもりだ。

 とうとう、来るところまで来ちゃった感じだね、ニッポン……

 
[PR]
# by bj-akira | 2013-05-21 15:58 | 日常

肩肘張らない

 何度も取り上げている女性作家・木内昇さんの日常を垣間見られる『ときたま日記』がとても良い。

 どっかの大先生のように(といっても、その大先生がそれを望んでいるわけじゃないかもだけど)、決して行列をなして新刊を手に入れようとする読者がいるわけでもない。たぶん。

 でもね、そうやって手に入れたはいいけど、その大半は、「みんなの話題についていく」ために、購入して読んでいるんだと思う。だって、すぐにブックオフなんかに大量に売りに出されるんだもん。

 木内さんの本心を伺ったことはないが、たぶん、氏は、オレのような読者がいればいいと思っているはずだ。
[PR]
# by bj-akira | 2013-04-28 18:45 | 日常

初勝利!

b0068760_9142296.jpg

久本祐一、今シーズン5試合目の先発登坂で初勝利。古巣・中日ドラゴンズを相手に、5回を4安打、7四球、137球(!?)、1失点。

とてつもないほどの嬉しさと、ほんのちょっぴりの寂しさと…。
[PR]
# by bj-akira | 2013-04-27 09:14 | 野球

愛しのトニ・ブランコ

b0068760_1591296.jpg

ベイスターズとの3連戦で、山井大介先生、大野雄大、山内壮馬が餌食となった。東スポによれば、愛すべきお調子者の小田幸平が、ゲーム前にブランコにカンチョーして何かを注入してしまったらしい(笑)。

いや、ブランコに打たれるなら歓迎だ。っつか、ブランコの打席は、ブランコを応援してしまってるし。去年は酷い扱いを受けたしね。“打てない、守れない、走れないし、走る気もない”お山の大将なんかと天秤にかけられたんだから…。

散々ブランコに助けられたのに、ポイ捨てしてくれた中日球団のお偉いさんの前で、ブッ放し続けてくれ!っつーエールをこめて…

底知れぬパワー活かし
放て弾丸ホームラン(ブランコ)豪快に決めてくれよ
ガンガン打て トニ・ブランコ
ドンドン打て トニ・ブランコ
(Go Go Let's Go ブランコ)
[PR]
# by bj-akira | 2013-04-22 01:59 | 野球

願掛け

祈! 久本祐一、今シーズン初勝利
b0068760_1531846.jpg

[PR]
# by bj-akira | 2013-04-19 15:30 | 野球

望みはただひとつ

 すっかりご無沙汰してしまった間に、久本祐一は戦力外となって広島東洋カープに救われ、
球団運営費を削りたい中日球団の思惑どおり、トニ・ブランコは横浜ベイスターズへと移ってしまった。で、これまた球団の希望どおり,わがドラゴンズの弱体化が急ピッチで進んでいる。

 いうなれば、髙木守道監督は被害者だ。ま、球団の構想を当然聞かされていて、当初から2年契約ということで、その話をのんでいるのだから、まったく責任がないわけではないが。

 弱体化させたい球団、落合監督時代とはまったくかけ離れた野球を強いる髙木監督。
こういう“袋小路状態”の中、選手たちは優勝を目指していかねばならない。
たぶん、本気で優勝したいと考えている選手は数名だろう。

 もう、勝ち負けなんかどうでもいい。
落合監督、森ヘッドコーチたちが築いた黄金時代を球団によって奪われたのだ。
去年から、すでに覚悟はできている。

 ただ、ひとつだけ望むのは、「当たり前のことを当たり前にやる」、
プロフェッショナルなプレーだ。
[PR]
# by bj-akira | 2013-04-18 13:19 | 野球

ブランコを返したかった

 トニ・ブランコがようやく戻ってきて、いきなりの大爆発。
ウエスタンリーグでわずか2試合に出場しただけで、1軍戦にすんなり同化できるとは、
この男はいったい、どんな“準備”をしていたのだろうか。

 G+の中継は、試合開始30分前から。
まあ、大半がジャイアンツファン向けの緩んだ映像や会話がダラダラと流されるわけだ。
 が、カメラが1人の男をとらえた。3塁側ファールゾーンで黙々とストレッチを繰り返すブランコである。大量の汗を流し、ギラギラとした眼差しを1塁側に向けながら入念に。

 やはりそんなに甘いものではなかった。ジャイアンツとの3連戦3連勝ならず。
3戦目は、ブランコもほぼ完璧に抑えられた。
けれども、3回表、フォアボールで出塁したブランコは、井端弘和のセンター前ヒット→2塁ランナーの大島洋平生還、バックホームの間にサードへ見事なヘッドスライディングを決めた。ユニフォームだけでなく、顔面も泥だらけ。実は脳震盪も起こしていたという。

 2アウト1、3塁。バッターは森野将彦。当てただけの打球は力なくショート後方へ上がり、フライアウトとなった。

 ここはなんとしてもブランコの好走塁を生かしてほしかった。
 森野にはブランコをホームインさせてほしかった。
 ブランコもさらに乗ることができただろうし、チームにも勢いがついたはず。
 さらに、ジャイアンツから完全に試合のリズムを奪うことができただろう。

“流れ”“風”“リズム”“ペース”。

 これらを素早く感じ取り、行動にうつす。

 野球に限らず、人間の営みにとって、とても大切なものである。
[PR]
# by bj-akira | 2012-08-31 12:41 | 野球

競演

 トータス松本とSuperflyこと越智志帆が競演することになったそうで。

ロンドン・オリンピックを報じるフジテレビの応援ソングとのこと。

 オリンピックを観るとしたらNHKなので、そこは申し訳ないですが。

どちらも大好きな歌い手さんなので、自分としてはホントたまらないです。

 スポーツ各紙で、「デュエット」って言葉が使われていたけど、
感覚として、どうしてもヒロシ&キーボーを思い起こしてしまうので、
“競演”って言葉を使ったのだが。

 どうせなら、たった一曲といわずに、アルバムも作っちゃえばいいのに。
ロックンロールからソウル、ブルース、ゴスペルのカバーとかね。

 スティーブ・マリオットなんてやってくれたら最高だ。
あ、志帆ちゃんはハンブル・パイのカバーしてくれてたね。エライ!

 
[PR]
# by bj-akira | 2012-05-25 14:21 | 音楽

滑稽

もう、怒りを通り越して滑稽に思えてきました選手起用。

浅い回、しかも大した場面じゃないところで、当たり屋・堂上剛裕を代打で出したかと思ったら、イーグルスの投手交代に引きずられ、代打の代打を出しちゃうし。

0-3で迎えた8回裏、「(オレにとっちゃ不本意だけど)こここそ久本祐一登場だ~!」とテンション最高潮になっていたら、またまたホルヘ・ソーサを出してくるし。ソーサも干されてたけど、思い出したらドンドン使ってくるのね。今日の起用はソーサだって驚いたはずだよ。

もう、久本を使う気がないのなら、トレードしてくんないかな。ドラゴンズ大好きだし、素晴らしいピッチャー久本がそのドラゴンズを離れるのは本当に辛いのだが。
[PR]
# by bj-akira | 2012-05-23 23:50 | 野球

どこまでバカなんだろう

 即クビ。
『福岡市 市住宅供給公社係長 昼に飲酒、言いがかり』
[PR]
# by bj-akira | 2012-05-23 10:45 | 日常